激昂クールダウン

変態OLです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母性とはなにか?



生命の連鎖を通して、絶える事無幼児虐待事件に警鐘を鳴らしつつ
描き上げた珠玉のテレビドラマ。





TVドラマで今クール、私が最も楽しみにしていたのが
日本テレビの水曜ドラマ『Mother』(毎週水曜日22:00 - 22:54)でした。
番宣CMが流れているころから、
気になっていた方も多かったのではないでしょうか?



私もその中の一人で毎週欠かさず見ていました。
そして先日、ついに最終回を迎えました。



最終的に、法を犯した者は審判を受け、
法を犯さない(真っ当な)方法で問題が解決して
物語が終わったので視聴者の不消化感はそれほど無かったように感じます。



ただ難点を挙げると、途中まで主人公を脅していた雑誌記者(山本耕史)が
後々のストーリーを牽引していく(ストーリーテラー的存在になる)という展開に、
ちょっと無理があったように感じました。
しかし、話を進めていくうえでは仕方なかったように思えます。




良い点を挙げると、
まず、奈緒(松雪泰子)が、
虐待を受けていた教え子である怜南(芦田愛菜)を
養子縁組せずに、誘拐した事によって、
奈緒が自分の実の母親に巡り会える、という偶然が
とてもドラマティックで良かったと思います。
逃亡生活の緊張感も視聴者をドラマの世界に引き込むに
有り余るものがあったと思います。


そして何より、、
実の子供を守るために、奈緒の里親である籐子(高畑淳子)が奈緒を家から追い出し、
その奈緒を実の母親である葉菜(田中裕子)が匿うシーン。
このシーンの、幾重にも織り重なる母性の連鎖によって物語は最高潮に達したと言っても
過言ではないと思います。




最終回で、何故、葉菜が、奈緒を施設に入れなくてはならなかったのか、
その原因が分かります。
捨てたのではなく、母性で守ったのだ、という真相に、
人々は母性の深さに震撼し、それでもなお涙したのではないでしょうか。



葉菜が、ツグミの手をとり息を引き取る姿には、
診る者を暖かくさせるような微笑みが浮かんでいました。
そして、奈緒も同様に、母性でツグミを守り抜き、
最終的には、十数年後の奈緒と、ツグミの再会をも暗示するような
ラストになっていました。




この作品は、ストーリーも抜群に良いと思いますが、
それをもって余りある、女優の田中裕子と芦田愛菜の演技力で
まさしく珠玉の名作へと誘われていると感じます。


田中裕子の、耐え忍ぶ姿、子を守る姿を視る度に
母性の深さに畏怖し

芦田愛菜の、母を慕う姿を視る度に
涙した人が多いのではないでしょうか。




昨今では、幼児虐待に関するニュースが絶えません。
自分は絶対に虐待などしない、そう言い切れる人は恐らくいないと思います。
それだけ身近な問題になってきています。
それでも、誰しも人の心には必ず母性・父性があり、
人を慈しむ心を持っているのだと信じずにはいられません。
そして、少しでも幼児虐待のニュースを耳にすることが減少することを
願わずには居られません。
















追記。
私の最も印象深かったのは、
ラストの、ツグミと奈緒が、好きなものを言いあいながら
お互い歩み寄るシーンです。
そして、二人が新たな一歩を踏み出すために、
まだ頬を濡らす涙を残しながらも、満面の笑みを浮かべるたツグミ。
彼女の笑みが非常に印象的でした。
挿入歌『泣き顔スマイル』の本当の意味が分かった瞬間でもありました。










その、ツグミの泣き顔スマイル、
ブラマヨ小杉の座りのいい顔の所作に似てたと思ったのは
私だけでしょうか。






page_20100627000654.jpg























にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
押して頂けたら励みになりまする。

スポンサーサイト
テーマ:Mother - ジャンル:テレビ・ラジオ
先日、施設から祖父が軽い心不全を起こしていると連絡が入ったらしい。

母方の祖父は、現在特別養護老人ホームに入所している。
祖父は胃ロウで必要な分の栄養を流し、膀胱ロウで排泄物を取り出し、肺気腫なので酸素ボンベを背負ってそうやって生かされている。認知症の症状もあるのであるが、最近は目もよく見えないせいか、母が面会に行っても彼女のことが分からないらしい。


祖父はとても厳格で、優しい人だった。
彼は病気になるギリギリまで仕事をしていた。



「年取るまでそんなに稼いでどうするとね?」

そんな周囲の声には、



「孫達のためになればよかとですよ。」




笑いながらそう答えていたらしい。
孫達が、家に、寄り付かなくなってからも、だ。



いつも祖母と二人三脚で仕事をしていた、そんな姿が目に焼きついているので、施設での祖父を見ると、あんなにしっかりしていた人が、とショックをいつも受けてしまっていた。でも、老いる、とはそういうことなのだ、と自分を納得させていた。


老いる、ということは、そういうことなのだ。



祖母は、去年の3月に亡くなった。
祖母が入院した時、彼女より先に体調を崩していた祖父は、施設で妻の容態を聞いた。



祖母の介護をすると言い張って、熱を押し病院へ駆けつけた。
でも、祖母は、何しにきた?と迷惑そうな顔をしていたそうだ。


それもそのはず、祖母は、自分の体のことを、知らなかった。
まさか、あと余命3ヶ月の宣告を受けているとは、知らなかった。



人間は、前向きに生きるようにそうDNAに組み込まれている。
精神面もそうなら、きっと身体面もそうだ。
体の機能が止まってしまう、ということは凄いエネルギーを必要とするんだ。
細胞が病魔に巣食われ人が死ぬ、ということは、そういうことなのだ。
細胞が死ぬ、ということは、物凄いエネルギーの喪失なんだ。
喪失には、痛みを伴う。
燃える様な激しい痛み。
破壊のエネルギー。






「先生、早くお願いします。」




それが、祖母の最期の言葉だった。
注射を打ってもらい、細胞が壊死する痛みから解放された彼女は、眠るように息を引取った。



祖母が亡くなって、祖父の衰弱は目に見えて分かるほどに加速した。





祖父と最後に会ったのは何時だ?

ああ、息子と一緒に面会に行った時だった。

あの時はまだ曾孫の事が分かっていた。

私のことも分かっていた。



ああ、良かった。

縁起でもないと思いながらも、ああ、良かった。
そう思う。自己満足だとは知りながらも。








麦わらを被って


初夏の頃、風にたなびく畑の緑に、陽光を受け佇む彼の


秋の頃、金色の波間に、黄昏を背に受け雫を流す彼の


彼の背中を思い出す。


何時だって彼は、その大きな大地に足を踏みしめ、
太陽を見つめ、雲の流れを見つめ、水の流れを見つめ、
自然と対話しながら共に生き、その対話の数だけ、顔に年輪を重ね、

妻を愛し、子を愛し、孫を愛し、感謝の心を忘れず、人を恨まず、羨まず、困っている人に与えた。



母から怒られる私達をかばってくれて、いつも帰り際にお小遣いを持たせてくれて、初めて祖母が癌だと知った時の彼の孤独感、林に覆われた暗い田舎の家屋で一人で夜を過ごすことの恐怖感と闇に消えていく慟哭が耳に聞こえてくる。夜露に紛れた涙。全ての闇が彼を包み込んで、彼は狂ってしまった。彼は、ショックのあまり、自分を壊してしまった。一晩中、起きて、疑心暗鬼に陥り夜通し農機具を見張ったり、ショベルカーが自宅を壊そうとする錯覚に陥り、警察に電話をしたり、私達に見えない水が彼の周りに浸水し溺れそうになったり、真冬の夜、トイレの場所が分からず、一人で部屋をグルグル回り、結局部屋の中で失禁してしまった彼。夜になると毎晩震えていたに違いない。常に何かに襲われる感覚。

母は、こう言っていた。じいちゃんがそんなに弱い人と知らなかった。ばあちゃんが死ぬかもしれないと思って、そこまでショックを受けるとは知らなかった。言ってくれれば良かったのに。

厳格で優しくて、不器用な人だったのだろう。自分の気持ちを素直に誰かに伝えるなんて出来なかった。ましてや、怖い、寂しいそんな事はとても言えなかったのだろう。
とても、不器用な人だったのだ。



自分の体も思うままにならないのに、


「今まで連れ添って60年も一緒に仕事をしたんやから、最後ばっかりはワシが看取らんといかん」


そう言って祖母の元に駆けつけた彼の姿。
その時、彼はもとの彼に戻った。


病室で朴訥と話す二人の姿。

他愛無い会話の中に、彼の心の声が聞こえてきた。



今まで何度も入院させたな。お前には苦労ばかりかけた。
私は、本家の次男に生まれたから、耕すべき土地も、雨風を凌ぐべき家屋も、家畜も、何も持たずに、戦後の荒地をただひたすら耕すことから始めた。裸一貫からの始まりで、お前は不安でたまらなかったろうが、私はそんなお前を励ますこともせず、労いの言葉をかけることもせず、ただ必死で毎日を暮らすことばっかりを考えていたよ。何とか日々食っていけるようになって、二人の娘を授かった。そのときの感動ったら無かったよ。よくやってくれた、そう言いたかったが、照れ臭くて何も言えなかった。お前からすれば、なんて愛想の無い人、そう思っただろうが、恥ずかしかった。自分の感情を出すなんて、出来ない。私は昔から口下手で、行動でしか気持ちを表せない。そんな性格を免罪符にするつもりはないが、お前なら分かってくれるだろう、そんな甘えがいつもあった。お前が居なければ、何もはかどらない。お前が癌だと知った時の衝撃が分かるだろうか?この胸の震撼が理解できるだろうか?私は、これから先のことを考えて不安になったから、壊れてしまったのではないのだよ。その時初めて、長きにも渡ってお前を苦しめていたのだということに気付いてショックだった。お前の支えをいつも当然と思っていた。でも無理をさせ続ければいつかお前が体調を崩してしまうという事は分かっていたはずなのに。自分の馬鹿さ加減にもう取り返しがつかなくなってから気づいた。

お前が居なくなるかもしれない、そう思って、足元が抜けていく感じがした。私はまだお前に何もしていない。何も、出来ていないよ。





そういう祖父のうな垂れる姿。悔恨、懺悔。
ベッドを必死で掴む手は、まるで痩せこけていて、震えていてそれでも力強かった。そこに命を感じられたのに。






遣り切れなくなって、目を閉じる。
色んな人間の懺悔が交錯する。



それでも、




今、私のまぶたに映るは、たなびく稲穂に腰を落とす、二人の姿。
力強く大地を踏みしめる、そんな姿。


(2007/11記)
テーマ:雑記 - ジャンル:日記
恋愛とは何ぞや・・・


それは妄想ですよ。


しかし、
そうであったとしても
無くてはならないもの。



それが恋愛だと私は思うのです。
ビバ種の繁栄




好きな人のことが
全て素敵に見える、

或いは、
ダメな所も含めて全部大好きよ、
なんて言って貰えるなんて
思って貰えるなんてなんて素敵☆



私は独身の頃、


『相手は完全で居て欲しい。
でも私のことは片目瞑って見て欲しい。』


そう思っていました。

あの平井堅だって
そう歌っていたんです。



『片目つぶって
する恋がいい~』


って。
たぶん


要するに、
自分に完璧を求めないで。
嫌な所も見えない振りして
だまされてみては如何かな?
そう悪くないよ?
みたいな。


しかし、
いくら妄想であったとしても、
それが出来れば
許容範囲のことであって欲しいと願うのは
人のサガでしょうか?
妄想されすぎても困るというか。




知り合いの女性の話です。



カウンセラーや、精神科医が、
お客さん(相談者)に好意を持たれる
という事はよくある話で。
その女性も例に漏れず、
その系統の職業に就いています。



去年から、
足しげく通ってくる相談者(20代男性)が、
彼女(40代、旦那子供持ち)に
恋をしたのが始まりでした。




恋をするだけなら良いのです。
相手は既婚者。
心で思うだけならば、何の罪がありましょう。
まぁ最悪、女性のほうにも気があるのならば、
医者と患者以上の関係になれるかもしれません。




しかし、愛する夫と、
可愛い子供を持つ彼女が、
相談者に振り向くことはありませんでした。



『まさか、
この自分を振り向いてくれない訳が無い。
だって自分はとても頭がいい。
周りが自分の凄さに気付いてないだけなんだから。
今の境遇だって、自分が悪いんじゃない。
無職なのは、周りが悪いんだ。
小さい頃から親には
勉強する事ばかりを押し付けられていた。
親の言うとおり、友達と遊びたいのを我慢して
勉強ばかりやり続けて、良い大学には入ったものの、
結局大学でも友達一人も出来ずに
周りは自分を透明人間のように扱う。
こんなことってあるか。
そうだ、きっとこいつらは
低脳なんだ。
自分の凄さに気付いていないんだ。
こんな奴らに相手にされなくてかまうものか。
そうだ、大学だって辞めてしまえ。
親の言う通り努力して大学に入ったって
何の良い事もなかった。
むしろ苦しいだけだった。
こうなったのも親のせいだ。
自分は何も悪くない。
だから、こうなった自分を
ずっと親が面倒を見るのは当然なんだ。
だって産んだのはあんただろ?
頼んでなんか無いのに、
勝手に作ったのはあんた達だろ?
本当は、
勉強ばっかり押し付けられなければ、
きっと今頃煌めく才能を開花させて
素晴らしい人生が待っていたのに。
周りが悪いんだ。
自分はだってきっと素晴らしい。
彼女だってこんな自分を認めてくれた。
こんな、本当は素晴らしい自分を認めてくれた。
きっと自分を好きに違いない。

ああ、そうか、きっと彼女だって離婚したがっているのに
夫が彼女との離婚を承諾してくれないんだ。』






こういう心理状況になったかどうか分かりませんが、
彼女に対するストーキング行為が始まったのです。



まず、職場に足しげく通います。
予約外の時間にも、相手の都合や迷惑も考えず
押しかけます。そのうち避けられるようになり、
その事に気づきます。
勿論彼の中では、

彼女の夫が妨害して、
自分に会わせない様にしている



のだと、
そう思い、夫を憎むようになります。
憎む、というか、
愛し合う自分と彼女の仲を阻む、
障壁は、当然取り除かなくてはなりません

愛し合う、自分と彼女のために。





彼女の夫が、
ある朝、
違和感を感じたそうです。


ふと、
窓の外を見ると、
いつもの明け方の光景が広がります。

でも何かが違う。


その異様な空気に、
漠然とした不安を抱えながら
窓を開けてみました。




すると、
不快な音が一斉に鳴り出したのです。


重低音の裂音は駐車場から鳴り響いていることに
気付いた夫がそちらの方を、
見てみると、






page_20090708231815.jpg





殿様カエル~アマガエル~♪






十数匹ほどのカエルが
無造作に置かれているではありませんか。




異常な光景に、
思わず辺りを見渡すと、






page_20090708231821.jpg




彼が、
物陰から
伺うように立っていたそうです。



明け方、しかもカエル十数匹を
わざわざ恋敵の家の駐車場に配置した、
まさにど根性。




殿様カエル~アマガエル~♪




これには、さすがの夫も
ひっくりカエル?



とか思ったけれど、
さすがに口に出せませんでした。
久々に空気読みました。




にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
押して頂けたら励みになりまする。



テーマ:いろんなことがあるもんさ - ジャンル:恋愛

この曲を聴くと、大学時代のある友達を思い出すのです。

          



『友達の詩』      中村中





彼女は繊細。
感受性が鋭利。
その個性で、散々傷ついてきたから、もう期待しないのです。

期待しなければ、裏切られもしないのです。
心の安寧を保つためにも、ほどほどが丁度良いのです。


と、彼女は言っていました。


眩いばかりの才能と
群を抜いて(もう美を逸脱した)圧倒的な個性を持つ彼女が云うのです。


私は何だか切なくて。
それが万人に向けられている(勿論私も例に漏れず)と知って、
何だか切なくて。



だから、圧倒的で脆弱でこの美しい女の、
せめて負担にだけはならないように。

彼女の心をコーティングしている、
ガラスの様に硬質でそれでいて脆い殻だけは破るまいと。



何があったとしても、友達であり続けようと。
そう心に誓ったあの懐かしい日々を、思い出すのです。






その友達と連絡が取れなくなってから久しくなります。



私はただ、彼女が心安らかに日々を暮らしていてくれれば、



それだけで良いと思います。
それだけで嬉しいと思います。












ただ、彼女と連絡が取れなくなったのは、単に友達と思われてなかったからじゃないの?という突っ込みはいりません。












ええ、薄々自分でも気づいてますから。orz

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記
自分の気分の悪さを毒吐く事で紛らわせます最低妊婦ですこんばんはー。(オェ)ついに昼間っからぶっ倒れました。キャー。



あ、たぶん私もうダメです。



だから可哀想と思った人は以下の口座にお金を×××・・・・。


貧血 詐欺



さて、旦那の姉ちゃん(ゆうこりん)の話。
ゆうこりんは可愛らしい人です。旦那と顔は全然似てませんが、ふんわりしてて、芸能人に例えるなら上野樹里に似てます。(ビジュアル的にも)



お盆に、お食事会があったので久しぶりに会ったんだけど、毎回女の子らしい感じ。



息子を可愛がってくれます。熱を出したら心配してくれます。抱っこしてくれます。基本的に良い人です。











そのゆうこりんが、息子に、一生懸命『おねえちゃん』って呼ばせようとしてました。
ごめん、アタイ、『おばちゃん』って呼ばせてました。許して(´Д`)






どうしても、『おばちゃん』としか言えない息子。アヒー(´Д`)
そりゃ当然だ。




「あ!たぶん『お姉ちゃん』って子供は発音しにくいんですね。ごめんなさい。」




とフォローする私。
『おばちゃんで正しい!』とはやし立てる旦那。
(うん、お前珍しく正解!)



そして、旦那のダメ押しの一言。




「32の女が、ピンク好き★ピンク似合う★とか言ってるのもイタイねー。」





おい、お前余計な事言ってんじゃねぇ!(`Д´)






まぁ旦那とゆうこりんは兄弟だから軽口くらい別に良いんだと思うけどさー。ほら、あれでしょ?20代後半の薄らハゲ(薄い前髪にしがみ付いてる感じ。)に身内が、『お前、そろそろ坊主にしてみたらどうだ!今の髪型じゃ余計見苦しいぞ』みたいに助言するあれでしょ?でもさー間で聞いてる私がノンフォローってあり得ないでしょ?クソ。って訳で久しぶりに出てきたんですよ。フォロー名人と言われたあの頃の私が。血肉湧き踊るってこんな感覚だったっけ?懐かしいわ。さあ、私のフォロー術の美しさに皆ひれ伏すのです・・・・・。







『ピンクに年齢制限なんか無いですよ。




林家ペーパーだって全身ピンクだし。』






あ、あれ?



私の術が美しすぎて、ゆうこりんの頬がうっすらピンクに染まる筈なのだけど・・・。



その頬から血の気が引き、軽く引き攣るのを見た時、




この夏と同じように私達の関係にも終焉が訪れてしまった事に気付いてしまったようです私。




ああ、私やっぱり病んでいるのかなぁ。(貧血)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。