激昂クールダウン

変態OLです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日、
長男(3歳3ヶ月)を
小児歯科へ連れて行きました。

現在の小児歯科というのは
凄く優しいのですね。


まず、診察台に座れるよう
トレーニングすることから
治療が始まるのですね。
それも診療報酬に入っているのですね。
(嫌味ではないのであしからず)


私たちの時代は、
いきなり診察台に座らされ、
その日から治療が始まった気がします。
でも怖がりの長男にとっては
本当にありがたいことこの上なしです。


決して本人のせいで虫歯になったわけではなく
保護者の責任なのです。
そして、その本人に恐怖心を与えない、
なんとも素晴らしいシステムに感激、な訳で・・


未来に万歳、な訳で・・


でも、親としては
早く治療して欲しい訳で・・


と葛藤抱えつつも明日も通院です。
明日は、どの段階まで進めるのでしょうか。
小児歯科、万歳
スポンサーサイト
テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児
本日、長男さんは、
21時に就寝したためか、
早朝5時半から起きております。


7時くらいには、絶好調。
次男を無理やりたたき起こし、
果てには8時から近所を
自転車で散歩。



ただいま9時34分。
教育テレビをみながら
棒アイスを食べてまったり中。




ほんと、
彼が2歳~2歳9ヶ月までは
どうしようかと思っていた。


というのも、
恐らく、私が妊娠したため、
卒乳を強いられた彼が、
ストレスのためか、
昼夜逆転の生活に突入。
まさしく去年の今頃は、
徹夜で息子の相手をしながら
昼間は仕事、という事態に。
あの時は本当に苦しかった・・・。



昼夜逆転は、
あるとき、思い切って、
どんなに泣いても、
夜は電気を全て消して、
皆で寝た振りしたら
30分泣き続けた息子が、
「ねんねする・・・」
と根負けすることによりあっさり直りました。


スポック博士の育児書も、案外嘘は言ってねぇな


とその時思ったのを覚えてます。


『まぁ、物心が付いてからのほうが、
より効果てき面なんだろうなぁ、と感じた』


という方が正しいですね。



私が妊娠後期に突入すると、
さらに物分りが良くなり、
抱っこをせがむことが一切なくなりました。
幼い小さい心を痛めてるんだろうなぁ
と切なくなったのを覚えています。


でも、あんたは幸せよ。
初孫だし、皆に可愛がられて。
両親の実家も車で数分の場所にあるし
何かあったらすぐ飛んできてもらえるもんね。



私自身を納得させることで、
息子への罪悪感を和らげていたように思います。
他者比較なんて辛いだけなのにね。

非常に葛藤したのも、この時期だったんじゃないかな?
そう思います。
案外、息子さんは何も思って無かったかもしれませんが。






003_20090716095413.jpg
偉そうにテレビを見てます。





にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
押して頂けたら励みになりまする。



今日はあれでしたね。
ドラゴンクエストの新作発売日。


当然私も大手家電量販店へと
足を運びました。


すると、
おや?
ソフト売り場の前で
店員さん達が、
たむろしてます。


何だか、自分、
ドラクエ目当てで来た人みたいで(そうだけど)、
すっごくがっついてる感じが恥ずかしかったので
ゲームソフト売り場の横にある、
DVDなど見てヒートダウンしていたのですが、
どうやら、店員さんたちは、
スライムのフィギュア付きソフトを見て
談笑しているようでした。
というのは良い捕らえ方で、
実際は、
こんなの買う奴いるのかよ?
みたいな、失笑、悪くて嘲笑を浮かべているように
私には思えました。(被害妄想でしょうか)



私は、


いちドラクエファンとして
これはいっちょ、スライムを買わねばなるまい。
救済せねばなるまい。
奴らの嘲笑、侮蔑、好奇の目から
彼らを助けねばなるまい!
がツンとやっつけねばなるまい!

と一発奮起したのですが、
まぁ私は日和見主義の
一般人ですので、
フィギュアなしのソフトを、
ゲームなんかしたことが無くって、
ソフトとかどこに何があるのか分からないけど、
多分頼まれたのはこれで良いのかな?
アタシよく分かんないけど・・・
みたいな感じで、取りに行きました。



こんな心の弱い人間、
死んでしまえば良いのに、
と思いました。


私思うんです。
うつ病じゃないのに、
うつ病的な発想しか出来ない。
これって何ですか?
ただの面倒くさい人じゃないですか。



ああ、面倒くさいのは嫌いです。
だからRPGとか面倒くさいのは苦手なんです。
ドラクエなんて、実は一回も最後までしたことないんです。
それでも発売日に買いに行ってしまうんです。
それで満足なんです。
ああ、消費って、カ・イ・カ・ン・・・・・。





さて、今日のマイサン。




4ヶ月で8キロは太りすぎでしょうか。



005_20090711181254.jpg



ほっぺが肉肉しいですね。
額に『肉』と刻んでやろうか。



ああ、そういえば、
長男は、
今の次男くらいの月齢の時、
姑のせっつんに、
『お相撲さんみたい☆』
って言われてたのを思い出しました。
アハハハ。




・・・・・。
いや、悪気があって言った事じゃないって
分かってるんです。
良い人達だから。
ええ。


『貫禄があるね~
・・・お相撲さんみたい☆』
(-_-)


そう言えば
私は、4000グラムで産まれたビッグベビーでした。
当然低月齢の頃、人から、


『可愛い赤ちゃん☆』



って一度も言われたことが無かったそうです。
皆、母が押すベビーカーを覗き込み、
声を失っていたそうです。
そりゃそうでしょう。
赤ちゃんは、可愛いものなのですから。
いや、むしろ、可愛いものに癒されたい想いで
ベビーカーを覗き込むのですから。
それが、相撲取りのような赤ちゃんが
どっしり構えていたら、びっくりするでしょう。
絶句するでしょう。



そういう逸話を思い出しました。



かつ、非常に(非情に)現実的な母は、
私が5歳くらいの頃、
『○○ちゃん(私の名前)は一番可愛いね~



でも、家の中でだけだからね!




と言ってのけた女です。
当時の私。
何も、止めを刺さなくても、
と幼心に思ったのを覚えています。




だから私は息子に言ってやるのです。
あんたが一番可愛いって。
誰がなんと言おうと、世界一可愛いって。


だけど、外では言わないようにね!



男は顔じゃないよ!
金だよ!(最低)



にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
押して頂けたら励みになりまする。



テーマ:日記だよ - ジャンル:趣味・実用
先日のロンハー。
面白かったですね。

私は、
格付け等よりも
面白かったな~と
思いました。



皆さん、
プロは凄いですね。



ところで、
先週録画した、
ナイナイ+を視聴している最中、
息子が、



「お母さん!ほらほら!!」



と、
テレビを指して、、
一生懸命踊りながら
言うのです。



ん?
どうした?


見ると、



オードリー春日が、
春日クイズにて、
シンキングダンスを披露しています。




ああ、オードリーの春日ね。



と納得して、息子を見ると、
彼、嬉しそうに
一緒に踊っているではありませんか。



ページファイル 春日 真似





ページファイル 春日 真似02



正しくは、こう。


ページファイル 春日




んー、惜しい。
テーマ:日々のこと - ジャンル:結婚・家庭生活
『変態OL画像』


で検索されて、
うっかりこちらに来られた方、
ごめんなさい。


うちのブログにある画像は
せいぜい
息子の裸姿のイラストぐらいです。


あと、



『毛じらみ  剃毛』


で検索された方。
何の解決法も載ってなくって
ごめんなさい。
もし、患ってらっしゃるのなら
医療機関へ行かれることを
お勧めします。




さて、息子さん。


先日、国営放送で放映された
椎名林檎ちゃんの番組を
一緒に見ていたときのこと。


彼女が、唄を歌っているとき、
バックバンドの、
トランペットのソロになったら、



一緒にトランペットを吹く真似を
していましたね。


とても可愛くて悶えました。



あと、
私が叱ろうとすると、



「お母さん、おこらないで~~」


と私の足元にすがり付く姿。


可愛くてたまらないです。



次男(赤ちゃん)が、
指をおしゃぶりしていると、



「指食べてる~~指食べてるよーー!!」



と阿鼻叫喚。
私に号泣しながら
やめさせろと言ってくるの


意味が分かりません。





お父さんに怒られて、




「お父さん怖い、嫌い」




と泣きながら私に縋ってきますね。




機嫌が悪い時、



「ばあちゃん、じいちゃん、怖い、嫌い」




と私に縋ってきますね。



でもまだ一度も



「お母さん嫌い」





の一言を聞いたことがありません。
お母さんは、とても嬉しいです。



もし



「お母さん嫌い」


と言った日が来たら、


ああ、来るべき日が来たのだな、



そう思って、
ボクシングの練習を始めようと思います。



反抗期に突入して、
もし、
万が一、
木刀で
向かって来た時に
対応できるように、と
ボクシングを始めた



RIKACO
のように。


まるで、
反抗期(親離れ)の熊に、
素手で立ち向かった
ムツゴロウさんのように。



いつだって、
逃げることなく
貴方を愛し続けることを
誓います。
(それが本当の愛なのだろうか、疑問がありますが。)
テーマ:日々のこと - ジャンル:結婚・家庭生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。