激昂クールダウン

変態OLです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月に入って、ようやく臨月になりました管理人です。
取りあえず簡単に自己紹介からさせて頂きます。
27歳。女。妊娠前、事務職に従事していましたが、今年6月から産休に入っていました。現在妊娠10ヶ月目。
タイトルにもある「妊婦」という経験は、人生でなかなか有りうるものではないので、折角だから妊娠中の日記をネットに掲載しよう!と考え何ヶ月か前にサイトを開設させて頂いたのですが、元来の怠惰な性格が祟ってか結局今に至り、どうやら妊婦中の日記はすっとばしてお産実況日記になりそうです。実際はそんな余裕ないだろうけど。とゆーかサイト開設のキッカケも今適当に考えましたごめんなさい。
取りあえず、一般的に言われる事は本当にそうなのか?ってことを個人的に検証していきたいと思っています。(私個人に当てはまるのかってことですつまり)まず、「陣痛は死ぬ程痛いのか、羞恥心を忘れ泣き叫ぶのか?」「産まれてきた子供の顔を見たら痛さなんて吹き飛ぶのか?」です。まず前者から、チョイスの理由。多分陣痛は痛いんだろうなーと思うけど、人生最高の痛みは歯痛という私には想像つかないからどの程度痛いか実況出来ると良いなと。でも歯痛も半端ないレベルまで達していたのでその辺と比較しつつ。次に後者。これは、人生において結婚&出産をまさか経験すると思ってだになかった私が、妊婦雑誌を読んでいて純粋に感じた事。「陣痛は死ぬほど痛かったけど、子供の顔を見たら痛さなんて感じなかった…」
……うそつけ!
私だったら普通に退院するまで「痛ぇーよ!」と思いそうだけど。雑誌嘘つけ!みたいな感じで。まぁ、凄く凄く痛いけどそんなの吹き飛んじゃう位赤ちゃん可愛いよってことなのでしょうか。果たしてそんな母性が私に芽生えるのか、産んでからが楽しみです。
予定日は8月3日。その日までこの日記が続く事を祈って
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。