激昂クールダウン

変態OLです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝、通勤時、車の中で鏡を覗く私に対して旦那が言うには





『ミソの匂いがするな。』






『は?味噌汁?』





『違う。三十の足音が近付いとるっちゅーことや。無駄なあがきはやめるとイイ』






て・め・え!(`Д´) ムキー!







腹の肉を鷲づかみにして、『お・ま・え・に・言われたくない!!!』と叫んだのは言うまでもありませんわたしです、おばんどすえ~。






最低限、組織で生きていくためには、


人間関係だけを良好にして生きていくか(仕事テキトー)

それとも仕事だけはきっちりして生きていくか


このどちらかが必要だと思いマツ。







職場に、強気を助け、弱きを挫くタイプの上司がおります。上下関係に必死こいてる。まぁ、どうせだったら風当たり少ないほうが生き易いですしな。当然ですわ。



例えば、1ヶ月だけアルバイトに来てくれた人に対して、懇親会費を請求したりするんですな。超KY男。たった1ヶ月だったら請求したりしない。




私、つい言っちゃったんですな。


「1ヶ月だし、頂く必要は無いんじゃないですか?」


こっちも逆にKY。



そしたらその男、




『どうせ歓送迎会するでしょ?』




カチッとスイッチの入った私は、





『歓送迎会は、出席してもらった時に会費を頂けば良いんじゃないですか?』





ムキになった彼は、





『でも、最後の日に花やるでしょ?』





本人目の前にして偉そうに上からこうおっしゃる。











ああ、だからお前は結婚できねーんだよ。
薄毛だしな。







こんなやり取りがあったことを旦那に話したら、



『とりは組織人としてはKYだけど、まぁ人としては良いんじゃない?




敵は作ったけどな。






相手の男も変だけど俺だったらスルーする。』






そう言っておりました。





おい、おいおいおいおい!そらおかしかろ?





『でもま~いいや~わたしは敵を作ったって思ってないもん。仕事で絡む時は今度あったことなんか全く引きずらないし、普通に出来るからな!さすがわたし!』













『とりはそうでも相手は根に持つよ。』











(;・_・; ・・・・
どうやらまたやっちまったようです。こーゆーとこやっぱ生粋のKY
スポンサーサイト
『筋肉マン』の話になって、私はあまり内容を知らないので旦那に聞いてみた。
およそ筋肉星という星から王子(筋肉マン)が地球に不時着してしまいおならの威力で東京にやってきた。なんのこっちゃ。東京では、超人と呼ばれる世界各国の格闘家達が凌ぎを削るプロレス大会が行われていた。アメリカ代表、テリーマン。中国代表、ラーメンマン。ドイツ代表、ブロッケンJr.。筋肉星代表、筋肉マン。てゆーかなんでお前だけ星代表で出てんだよ。
あと筋肉マンで私が知っていることと言えば、筋肉マンはマスクを被っているということ。んで外そうとしたら顔から光を放つということ。旦那によるとあのマスクを一度外せば(ってゆーか顎をチラ見せすれ)ば、敵は溶け、死んだ仲間を生き返らせるという。じゃあ、わざわざ闘わずにマスク外せば××。(自主規制)
あとは牛丼が大好物、日本人と後に結婚。それくらいのもんである。
先日、旦那とケンカしたのだが、まずスリッパで叩き合い、その後足の踏み合いになった。わたしが油断した隙に背後に回られ、両腕を交差した形に固められてしまった。そしてソファの上で筋肉ラリアット(上の話はここできいて来ますをかまされた。許すまじ。この恨みはらさでおくべきか。と言う訳で、
今朝、旦那をいつもの如く勤め先に送っていたのだが、その時車の中で、オナラしてやりました。
密室でオナラ。
プクク。
しかもプッてやつじゃなく、ブリッて音のかなり臭いやつ。
最低だ!いくら夫婦でもどうかと思うと散々罵られましたが。
『見本無しで一筆書き大会』を開催した時の、だんなの作品。



お題『猫』










猫



どうかと思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。