激昂クールダウン

変態OLです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
面倒力。

物事を動かすのは面倒力だと言ったのは確か松尾スズキだったか。確かにその通りである。


私を動かすのもまさにこの力である。何か面倒臭いことがおこりそうな時しか行動しない。


先日、新聞を読んでいたら、こういう記事を見つけた。


「公務員、スピード違反」



オイオイオイオイ。
よっぽどニュースが無かったのか。


事の詳細はこうである。昨年の相次いだ公務員による交通法規違反。その対策として無事故無違反証明を毎年任意で提出させる、そう決めたのにまたすぐに違反が起きてしまった、そんな所だろう。


世の中には面倒力が働くという。スピード違反したら面倒臭いことなるから、スピードを押さえよう。多くの公務員にはこういう面倒力が働くに違いない。なんて素晴らしい犯罪抑止力!新聞万歳!


てゆーか何故公務員に限る?一般市民のスピード違反も載せたらいいんじゃね?



まぁ少しは厳しくした方が事故も少なくなるし素敵☆まずは公務員から粛正しなくては、と言う所か


閑話休題


面倒力繋がりで、私の根本的な考えは、「こっちが面倒臭いこと言わないかわりにそっちも面倒臭いこと言わないで下さいよ」というものである。もっと言えば「なあなあで済ませたるからそっちもなあなあで済ませてやってクダサイヨ」みたいなちょっとカタコト入るくらいの媚る気持ち満載の卑怯な性格の持ち主である。私の仕事は、主に苦情処理なのであるが、はっきり言ってこんな性格の私には向いてないんじゃないかとよく思う。
だって苦情なんて面倒臭いことだらけだよ。てゆーか昼の日中から苦情を延々と垂れる人なんかまっとうな人間じゃない。みんな一生懸命働いてる。外に働きに出てないにしろ、家事に追われ、育児したり、介護したり、リハビリしたりデイサービスに行ったりゲートボールしたり何らか活動をしている。そんな昼の日中から苦情だよ。1時間、時にはもっと、延々と苦情を言うんだよ。勿論正しいことをおっしゃる方もいらっしゃる。けど大抵筋が通ってなくて言い掛かりチックだよ。中には私の住所教えろとか言うおかしな人もいるよ。

そんなヤツラに働く面倒力はねぇ!


てなわけで、反論したった。


真っ昼間から文句たれてんな!働け!つーか活動しろ。



なわけないじゃないですか!(´Д`)
職失いますよ私。
スポンサーサイト
育児休暇中、やはりよくチャンネルを合わせるのが、教育番組。


うちの息子のお気に入りは、「お母さんといっしょ」の、グーチョコランタンである。ご存知の方は少ないかもしれないけど、あのオープニングテーマって素晴らしいのですよ。


擬音のリピートリピートリピート。

んでもって、規則性を持ってキャラクターが跳梁跋扈する非常にカラフルなアニメーション。




どれをとっても幼児の気を引くわけですが。



でもぬいぐるみが出てきたら、息子は速攻興味を無くすんだけどね。





で、教育番組をバックミュージックに朝の家事に従事しているわたくしなのですが、(そりゃーもうアルゴリズム体操なんてそらで踊れますよ。つーかアルゴリズム行進も踊れますよ。)先日、ちょっとってゆーかかなりおかしな番組を発見してしまいました。

いや、キャラクターがおかしいとか(ストレッチマンみたく)、配役がおかしいとか(エイゴリアンみたく)、もうそろそろナレーター辞めてもいいんじゃない?みたいな感じ(一黒堂みたく)でもなく、そう、内容がおかしいんです。ハイ。その基礎となっているものがおかしいんです。てゆーか番組が言わんとしていることがおかしいんです。ハイ。てゆーかあ、もう良いですか?ハイ。(。-ω-)


その番組、忍者が数名出てきて、



あらゆる困難を、みんなの意見を出し合って、解決するってコンセプトらしいんだけど。





ど、ね。





ちょうどその日のテーマは、「友達になろう」(多分)







一人の女の子が、砂場で砂遊びをしています。





一人の忍者は、その女の子と一緒に砂場遊びをしたいのです。




でも、知り合いでもないし、声をかける勇気も無い。





ねぇねぇ、クノイチ~~僕どうしたらいいのぉ~?



って男忍者が、女忍者に相談しました。





女忍者は、「勇気を出して、誘ってごらんよ!」


と、言いました。





男忍者は、「うん、そうだね♪勇気を出して、誘ってみるよ!」


と、言いました。




でも、やっぱりなかなか、勇気が出ません。



男忍者が迷っていると、女忍者が言いました。


「大丈夫!一人よりみんなで遊んだほうが楽しいし、声をかけてごらんよ」



その言葉に励まされて、男忍者は、女の子に声をかけました。



「こんにちは!一緒に遊ぼう!」



女の子はにっこり笑って言いました。



「うん、一緒に遊ぼう。」


以下、ナレーション。

「わ~勇気を出して、良かったねぇ~。


でも、相手が嫌がったりする場合は、きっぱり諦めましょう。






ハイ??



私は耳を疑いましたね。


今、天下のN○Kが何と言いました??
確か、諦めましょうとか言いませんでした??



てゆーかそんなこと言わないと分からないの?いまどきの子は。
てゆーかそんなこと言わないといまどきの子は分からないってなめてかかってませんか?
今、もっとも犯罪を起こしているのは、40~60代の人間なんですよ。努力すれば報われる、努力すれば何とかなる、信じれば救われると教え込まれてきた貴方達団塊の世代、つまり番組の製作者サイドの年齢に最も近いんですよ?



私は常に、諦めようと努力しているし、「諦めることが一番難しい」という言葉を座右の銘にしてるんだけど(勝手に作りました)、


ねぇねぇ、諦めが肝心って言いますよね?
てゆーか、一番先に、諦めることを覚えさせられたような気がしますが。


「おかーさんアレ買ってー!」
「ダメ!諦めなさい」
「うわーん」
「泣いてもダメよ。」
「チッ、まぁいっか!」


こんな感じの前向きな諦め。
つーか諦めに前向きも後ろ向きもあったもんか。
とにかく、人生自分の思うとおりになるもんじゃないんだから、時には、諦めも肝要って小さい時に身をもって体験させられると思うんだけど。教育テレビで、教えられるようなもんじゃないようなぁと思ったり。

あと、他に私の好きな言葉。

「参加することに意義がある。」


ホント、土俵に立ってから物事批判しろよ~ってのが自論です。つーか普遍的な考えだろうけど。


「諦めも肝心」
「参加することに意義がある。」


さて、皆さんの座右の銘は何でしょうか。
テーマ:主婦の日常日記 - ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。