激昂クールダウン

変態OLです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、施設から祖父が軽い心不全を起こしていると連絡が入ったらしい。

母方の祖父は、現在特別養護老人ホームに入所している。
祖父は胃ロウで必要な分の栄養を流し、膀胱ロウで排泄物を取り出し、肺気腫なので酸素ボンベを背負ってそうやって生かされている。認知症の症状もあるのであるが、最近は目もよく見えないせいか、母が面会に行っても彼女のことが分からないらしい。


祖父はとても厳格で、優しい人だった。
彼は病気になるギリギリまで仕事をしていた。



「年取るまでそんなに稼いでどうするとね?」

そんな周囲の声には、



「孫達のためになればよかとですよ。」




笑いながらそう答えていたらしい。
孫達が、家に、寄り付かなくなってからも、だ。



いつも祖母と二人三脚で仕事をしていた、そんな姿が目に焼きついているので、施設での祖父を見ると、あんなにしっかりしていた人が、とショックをいつも受けてしまっていた。でも、老いる、とはそういうことなのだ、と自分を納得させていた。


老いる、ということは、そういうことなのだ。



祖母は、去年の3月に亡くなった。
祖母が入院した時、彼女より先に体調を崩していた祖父は、施設で妻の容態を聞いた。



祖母の介護をすると言い張って、熱を押し病院へ駆けつけた。
でも、祖母は、何しにきた?と迷惑そうな顔をしていたそうだ。


それもそのはず、祖母は、自分の体のことを、知らなかった。
まさか、あと余命3ヶ月の宣告を受けているとは、知らなかった。



人間は、前向きに生きるようにそうDNAに組み込まれている。
精神面もそうなら、きっと身体面もそうだ。
体の機能が止まってしまう、ということは凄いエネルギーを必要とするんだ。
細胞が病魔に巣食われ人が死ぬ、ということは、そういうことなのだ。
細胞が死ぬ、ということは、物凄いエネルギーの喪失なんだ。
喪失には、痛みを伴う。
燃える様な激しい痛み。
破壊のエネルギー。






「先生、早くお願いします。」




それが、祖母の最期の言葉だった。
注射を打ってもらい、細胞が壊死する痛みから解放された彼女は、眠るように息を引取った。



祖母が亡くなって、祖父の衰弱は目に見えて分かるほどに加速した。





祖父と最後に会ったのは何時だ?

ああ、息子と一緒に面会に行った時だった。

あの時はまだ曾孫の事が分かっていた。

私のことも分かっていた。



ああ、良かった。

縁起でもないと思いながらも、ああ、良かった。
そう思う。自己満足だとは知りながらも。








麦わらを被って


初夏の頃、風にたなびく畑の緑に、陽光を受け佇む彼の


秋の頃、金色の波間に、黄昏を背に受け雫を流す彼の


彼の背中を思い出す。


何時だって彼は、その大きな大地に足を踏みしめ、
太陽を見つめ、雲の流れを見つめ、水の流れを見つめ、
自然と対話しながら共に生き、その対話の数だけ、顔に年輪を重ね、

妻を愛し、子を愛し、孫を愛し、感謝の心を忘れず、人を恨まず、羨まず、困っている人に与えた。



母から怒られる私達をかばってくれて、いつも帰り際にお小遣いを持たせてくれて、初めて祖母が癌だと知った時の彼の孤独感、林に覆われた暗い田舎の家屋で一人で夜を過ごすことの恐怖感と闇に消えていく慟哭が耳に聞こえてくる。夜露に紛れた涙。全ての闇が彼を包み込んで、彼は狂ってしまった。彼は、ショックのあまり、自分を壊してしまった。一晩中、起きて、疑心暗鬼に陥り夜通し農機具を見張ったり、ショベルカーが自宅を壊そうとする錯覚に陥り、警察に電話をしたり、私達に見えない水が彼の周りに浸水し溺れそうになったり、真冬の夜、トイレの場所が分からず、一人で部屋をグルグル回り、結局部屋の中で失禁してしまった彼。夜になると毎晩震えていたに違いない。常に何かに襲われる感覚。

母は、こう言っていた。じいちゃんがそんなに弱い人と知らなかった。ばあちゃんが死ぬかもしれないと思って、そこまでショックを受けるとは知らなかった。言ってくれれば良かったのに。

厳格で優しくて、不器用な人だったのだろう。自分の気持ちを素直に誰かに伝えるなんて出来なかった。ましてや、怖い、寂しいそんな事はとても言えなかったのだろう。
とても、不器用な人だったのだ。



自分の体も思うままにならないのに、


「今まで連れ添って60年も一緒に仕事をしたんやから、最後ばっかりはワシが看取らんといかん」


そう言って祖母の元に駆けつけた彼の姿。
その時、彼はもとの彼に戻った。


病室で朴訥と話す二人の姿。

他愛無い会話の中に、彼の心の声が聞こえてきた。



今まで何度も入院させたな。お前には苦労ばかりかけた。
私は、本家の次男に生まれたから、耕すべき土地も、雨風を凌ぐべき家屋も、家畜も、何も持たずに、戦後の荒地をただひたすら耕すことから始めた。裸一貫からの始まりで、お前は不安でたまらなかったろうが、私はそんなお前を励ますこともせず、労いの言葉をかけることもせず、ただ必死で毎日を暮らすことばっかりを考えていたよ。何とか日々食っていけるようになって、二人の娘を授かった。そのときの感動ったら無かったよ。よくやってくれた、そう言いたかったが、照れ臭くて何も言えなかった。お前からすれば、なんて愛想の無い人、そう思っただろうが、恥ずかしかった。自分の感情を出すなんて、出来ない。私は昔から口下手で、行動でしか気持ちを表せない。そんな性格を免罪符にするつもりはないが、お前なら分かってくれるだろう、そんな甘えがいつもあった。お前が居なければ、何もはかどらない。お前が癌だと知った時の衝撃が分かるだろうか?この胸の震撼が理解できるだろうか?私は、これから先のことを考えて不安になったから、壊れてしまったのではないのだよ。その時初めて、長きにも渡ってお前を苦しめていたのだということに気付いてショックだった。お前の支えをいつも当然と思っていた。でも無理をさせ続ければいつかお前が体調を崩してしまうという事は分かっていたはずなのに。自分の馬鹿さ加減にもう取り返しがつかなくなってから気づいた。

お前が居なくなるかもしれない、そう思って、足元が抜けていく感じがした。私はまだお前に何もしていない。何も、出来ていないよ。





そういう祖父のうな垂れる姿。悔恨、懺悔。
ベッドを必死で掴む手は、まるで痩せこけていて、震えていてそれでも力強かった。そこに命を感じられたのに。






遣り切れなくなって、目を閉じる。
色んな人間の懺悔が交錯する。



それでも、




今、私のまぶたに映るは、たなびく稲穂に腰を落とす、二人の姿。
力強く大地を踏みしめる、そんな姿。


(2007/11記)
スポンサーサイト
テーマ:雑記 - ジャンル:日記
本日、長男さんは、
21時に就寝したためか、
早朝5時半から起きております。


7時くらいには、絶好調。
次男を無理やりたたき起こし、
果てには8時から近所を
自転車で散歩。



ただいま9時34分。
教育テレビをみながら
棒アイスを食べてまったり中。




ほんと、
彼が2歳~2歳9ヶ月までは
どうしようかと思っていた。


というのも、
恐らく、私が妊娠したため、
卒乳を強いられた彼が、
ストレスのためか、
昼夜逆転の生活に突入。
まさしく去年の今頃は、
徹夜で息子の相手をしながら
昼間は仕事、という事態に。
あの時は本当に苦しかった・・・。



昼夜逆転は、
あるとき、思い切って、
どんなに泣いても、
夜は電気を全て消して、
皆で寝た振りしたら
30分泣き続けた息子が、
「ねんねする・・・」
と根負けすることによりあっさり直りました。


スポック博士の育児書も、案外嘘は言ってねぇな


とその時思ったのを覚えてます。


『まぁ、物心が付いてからのほうが、
より効果てき面なんだろうなぁ、と感じた』


という方が正しいですね。



私が妊娠後期に突入すると、
さらに物分りが良くなり、
抱っこをせがむことが一切なくなりました。
幼い小さい心を痛めてるんだろうなぁ
と切なくなったのを覚えています。


でも、あんたは幸せよ。
初孫だし、皆に可愛がられて。
両親の実家も車で数分の場所にあるし
何かあったらすぐ飛んできてもらえるもんね。



私自身を納得させることで、
息子への罪悪感を和らげていたように思います。
他者比較なんて辛いだけなのにね。

非常に葛藤したのも、この時期だったんじゃないかな?
そう思います。
案外、息子さんは何も思って無かったかもしれませんが。






003_20090716095413.jpg
偉そうにテレビを見てます。





にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
押して頂けたら励みになりまする。



006.jpg



今日は、買い物もしてなかったので、
実家からもらった野菜で何とか切り抜けました。
夕飯。



とうもろこし美味しい。



今日の長男
・お昼から、近所の公園へ二人で出掛ける。
・遊びに来ていた女の子を追い掛け回す。
・夜は、10時に自分から眠ると言い出す。
 (我が家では、早いほうなのです。)



今日の次男
・自分の腕を発見。
・自分の腕でおもちゃを取ろうとする。
・フロアメリーを作ってやる。
・日に日に肥えている。マツコデラックス似。


今日の旦那
・残業で遅く帰宅
・次男の寝かせつけ
・テレビをでかい声で見る、子供が寝てるのにね。
 (100点原点、またゼロ地点に立つ。私の中で、マイナスには
 ならないルール。マイナス点をつけると自分でうんざりするから)




にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
押して頂けたら励みになりまする。

テーマ:料理 - ジャンル:結婚・家庭生活
今日はあれでしたね。
ドラゴンクエストの新作発売日。


当然私も大手家電量販店へと
足を運びました。


すると、
おや?
ソフト売り場の前で
店員さん達が、
たむろしてます。


何だか、自分、
ドラクエ目当てで来た人みたいで(そうだけど)、
すっごくがっついてる感じが恥ずかしかったので
ゲームソフト売り場の横にある、
DVDなど見てヒートダウンしていたのですが、
どうやら、店員さんたちは、
スライムのフィギュア付きソフトを見て
談笑しているようでした。
というのは良い捕らえ方で、
実際は、
こんなの買う奴いるのかよ?
みたいな、失笑、悪くて嘲笑を浮かべているように
私には思えました。(被害妄想でしょうか)



私は、


いちドラクエファンとして
これはいっちょ、スライムを買わねばなるまい。
救済せねばなるまい。
奴らの嘲笑、侮蔑、好奇の目から
彼らを助けねばなるまい!
がツンとやっつけねばなるまい!

と一発奮起したのですが、
まぁ私は日和見主義の
一般人ですので、
フィギュアなしのソフトを、
ゲームなんかしたことが無くって、
ソフトとかどこに何があるのか分からないけど、
多分頼まれたのはこれで良いのかな?
アタシよく分かんないけど・・・
みたいな感じで、取りに行きました。



こんな心の弱い人間、
死んでしまえば良いのに、
と思いました。


私思うんです。
うつ病じゃないのに、
うつ病的な発想しか出来ない。
これって何ですか?
ただの面倒くさい人じゃないですか。



ああ、面倒くさいのは嫌いです。
だからRPGとか面倒くさいのは苦手なんです。
ドラクエなんて、実は一回も最後までしたことないんです。
それでも発売日に買いに行ってしまうんです。
それで満足なんです。
ああ、消費って、カ・イ・カ・ン・・・・・。





さて、今日のマイサン。




4ヶ月で8キロは太りすぎでしょうか。



005_20090711181254.jpg



ほっぺが肉肉しいですね。
額に『肉』と刻んでやろうか。



ああ、そういえば、
長男は、
今の次男くらいの月齢の時、
姑のせっつんに、
『お相撲さんみたい☆』
って言われてたのを思い出しました。
アハハハ。




・・・・・。
いや、悪気があって言った事じゃないって
分かってるんです。
良い人達だから。
ええ。


『貫禄があるね~
・・・お相撲さんみたい☆』
(-_-)


そう言えば
私は、4000グラムで産まれたビッグベビーでした。
当然低月齢の頃、人から、


『可愛い赤ちゃん☆』



って一度も言われたことが無かったそうです。
皆、母が押すベビーカーを覗き込み、
声を失っていたそうです。
そりゃそうでしょう。
赤ちゃんは、可愛いものなのですから。
いや、むしろ、可愛いものに癒されたい想いで
ベビーカーを覗き込むのですから。
それが、相撲取りのような赤ちゃんが
どっしり構えていたら、びっくりするでしょう。
絶句するでしょう。



そういう逸話を思い出しました。



かつ、非常に(非情に)現実的な母は、
私が5歳くらいの頃、
『○○ちゃん(私の名前)は一番可愛いね~



でも、家の中でだけだからね!




と言ってのけた女です。
当時の私。
何も、止めを刺さなくても、
と幼心に思ったのを覚えています。




だから私は息子に言ってやるのです。
あんたが一番可愛いって。
誰がなんと言おうと、世界一可愛いって。


だけど、外では言わないようにね!



男は顔じゃないよ!
金だよ!(最低)



にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
押して頂けたら励みになりまする。



テーマ:日記だよ - ジャンル:趣味・実用
今日も
息子達と水遊びに公園へ。

途中で買ったモスシェイクと
ポテトをベンチで食べる。

赤ちゃんは広いベンチの上に寝かせて。


長男は眠そうで
早々に切り上げて、
うちに戻りました。


というのが出来事。




本題。


その公園には、
周辺の分譲住宅地に
積水ハウスだか、
大和ハウスだかで、
新築の家を建てた奥様方だろうと思われ、
いつも遊びに来ているのでしょうか、
仲よさそうにベンチで
談笑していました。


みんな家建ててるんだ~
凄いなぁ。


そう言えば、
近所にある、
田舎には珍しい感じのオシャレな雑貨屋さんに行った時、
やっぱりグループで来てる奥様方が、


『家建てると、服よりも、
食器とか雑貨をガンガン買っちゃうよね~』


と言ってたのを思い出しました。
当然駐車場には、
エルグランド、アルファード、ヴァルファイア、ランクルなど、
値の張るファミリーカーが並んでいました。


んー、世の中不況って言うけど、
私の周りには不況が見えないのだけど。



でも、こんな田舎に一流企業に勤めてる人なんて
そんなに居ないはずだし、
みんな、何かしらを我慢して、
家や、車にお金を注ぎ込んでいるのかしら。

だとしたら、小さな我慢が出来ない我が家なぞ、
マイホームは夢のまた夢。


実家に行く時に、
毎日途中で買うモスシェイク。
Sサイズ二人分。
土日の昼食は必ずコンビニ。
食後の楽しみ、プリシリーズのお菓子。


これを全て我慢して
土地を買えますか?
 

マイホーム実現の為に
我慢できるのですか?

たまに、
ベンツに乗ってジャージ姿の人が居ますが、
そんな感じで、マイホームは素敵だけど
電気代けちって、夏は皆で
狭い部屋に集合して
冷房つけてます、
みたいなのは嫌なのです。

広々としたお風呂なのに、
シャンプー代けちって三日に一回しか
髪洗いません、とかそんなのは嫌なのです。



まぁ実際の所、
例えば5000万の家を建てるのに、
ローンを組んで、実際はその倍の金額を払わないといけない
っていう事が許せないのです。損じゃん。損損!
お金貯めて、今の仕事退職する位に
買ったほうがお得じゃん。


なんて言い訳がましく思ってみたり。
当然この方が金銭面ではお得なのでしょうけど
若いうちに建てた方が
子供だって喜ぶし、思い出に残るという面においては
その方が断然良いのでしょう。



悩みは尽きません。アハ


001_20090710102901.jpg
テーマ:食日記 - ジャンル:結婚・家庭生活
どれだけの人が知っているのだろうか。


忍たま乱太郎のオープニング曲



『勇気100%』は、光GENJIが



100%本気で歌っていたという事を。
 



そして、この歌を是非とも赤坂君に歌ってあげたい。
そんな彼の応援歌だと思う私は
凄く不謹慎だ、と思う以前に

ああ、私って、年取ったんだなと思うのみなのです。
今は、ヘイセイジャンプという人達が歌っています。




最近息子の知能レベルが飛躍的に発達しています。
もうすぐ3歳になるからだろうか。


子供の成長って、一歩一歩ゆっくりというよりも、
階段を昇るように、いきなり成長して、
停滞して、また格段に成長する、
この成長の仕方の繰り返しだなと思います。




《今日の行動》
・午前中は近所の公園へ水遊びに。
・午後からは、自宅でゆっくりしてました。
・夜は9時には自然に寝てくれました。
 (以前の夜更かしが嘘みたい。)



《今日の成長》
・友達に自分の自転車を貸してあげる。
・CMの真似を忠実にする。
 (エコカーだけに、エコヒイキのCM。〔エコヒイキが言えなくて、
 エコピイキになってるけど。])
・自分の主張を長い文章で言える。
 (『ちゃんばらをやりたい。組み手じゃなくて、
 対決がいいんだよ』とか。)
・歯磨きをスムーズにするようになった。
・DSのドラかなを1時間する。操作が大分スムーズになる。
 やりたい遊びを自分で自由に選べる。





3歳でも、まだまだ小さいんだよな~と
公園で遊ぶ息子をみてつくづく思います。
だから目一杯甘えさせてやりたいと思うのだけど、
やっぱり、一日に一回は冷たくあたってしまうのです。
暑くてイライラするのもあるのだろうけど、
やっぱり泣き声に参ってしまうのです。
泣き声さえなければ、ストレス半減以上の効果があるんじゃないかと。
でもまぁ、私は完璧な母親ではないので、
まぁしょうがないか、諦めてくれ~と息子に心の中で謝罪するのです。








今日の旦那弁当。

001_20090708235230.jpg



《旦那の成長》
・夕飯の後片付けをしている時、
 次男がぐずり、抱っこも嫌がり大泣きする。
 旦那が気を利かせて、食器洗いをしてくれる。
 (その間私が寝かしつけ。)
・日々のチクチク嫌味ボディーブローが利いて、
 テクニカルノックアウトになったのかもしれないですな。
 (私は嫌な奴)




にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
押して頂けたら励みになりまする。
テーマ:食日記 - ジャンル:結婚・家庭生活
恋愛とは何ぞや・・・


それは妄想ですよ。


しかし、
そうであったとしても
無くてはならないもの。



それが恋愛だと私は思うのです。
ビバ種の繁栄




好きな人のことが
全て素敵に見える、

或いは、
ダメな所も含めて全部大好きよ、
なんて言って貰えるなんて
思って貰えるなんてなんて素敵☆



私は独身の頃、


『相手は完全で居て欲しい。
でも私のことは片目瞑って見て欲しい。』


そう思っていました。

あの平井堅だって
そう歌っていたんです。



『片目つぶって
する恋がいい~』


って。
たぶん


要するに、
自分に完璧を求めないで。
嫌な所も見えない振りして
だまされてみては如何かな?
そう悪くないよ?
みたいな。


しかし、
いくら妄想であったとしても、
それが出来れば
許容範囲のことであって欲しいと願うのは
人のサガでしょうか?
妄想されすぎても困るというか。




知り合いの女性の話です。



カウンセラーや、精神科医が、
お客さん(相談者)に好意を持たれる
という事はよくある話で。
その女性も例に漏れず、
その系統の職業に就いています。



去年から、
足しげく通ってくる相談者(20代男性)が、
彼女(40代、旦那子供持ち)に
恋をしたのが始まりでした。




恋をするだけなら良いのです。
相手は既婚者。
心で思うだけならば、何の罪がありましょう。
まぁ最悪、女性のほうにも気があるのならば、
医者と患者以上の関係になれるかもしれません。




しかし、愛する夫と、
可愛い子供を持つ彼女が、
相談者に振り向くことはありませんでした。



『まさか、
この自分を振り向いてくれない訳が無い。
だって自分はとても頭がいい。
周りが自分の凄さに気付いてないだけなんだから。
今の境遇だって、自分が悪いんじゃない。
無職なのは、周りが悪いんだ。
小さい頃から親には
勉強する事ばかりを押し付けられていた。
親の言うとおり、友達と遊びたいのを我慢して
勉強ばかりやり続けて、良い大学には入ったものの、
結局大学でも友達一人も出来ずに
周りは自分を透明人間のように扱う。
こんなことってあるか。
そうだ、きっとこいつらは
低脳なんだ。
自分の凄さに気付いていないんだ。
こんな奴らに相手にされなくてかまうものか。
そうだ、大学だって辞めてしまえ。
親の言う通り努力して大学に入ったって
何の良い事もなかった。
むしろ苦しいだけだった。
こうなったのも親のせいだ。
自分は何も悪くない。
だから、こうなった自分を
ずっと親が面倒を見るのは当然なんだ。
だって産んだのはあんただろ?
頼んでなんか無いのに、
勝手に作ったのはあんた達だろ?
本当は、
勉強ばっかり押し付けられなければ、
きっと今頃煌めく才能を開花させて
素晴らしい人生が待っていたのに。
周りが悪いんだ。
自分はだってきっと素晴らしい。
彼女だってこんな自分を認めてくれた。
こんな、本当は素晴らしい自分を認めてくれた。
きっと自分を好きに違いない。

ああ、そうか、きっと彼女だって離婚したがっているのに
夫が彼女との離婚を承諾してくれないんだ。』






こういう心理状況になったかどうか分かりませんが、
彼女に対するストーキング行為が始まったのです。



まず、職場に足しげく通います。
予約外の時間にも、相手の都合や迷惑も考えず
押しかけます。そのうち避けられるようになり、
その事に気づきます。
勿論彼の中では、

彼女の夫が妨害して、
自分に会わせない様にしている



のだと、
そう思い、夫を憎むようになります。
憎む、というか、
愛し合う自分と彼女の仲を阻む、
障壁は、当然取り除かなくてはなりません

愛し合う、自分と彼女のために。





彼女の夫が、
ある朝、
違和感を感じたそうです。


ふと、
窓の外を見ると、
いつもの明け方の光景が広がります。

でも何かが違う。


その異様な空気に、
漠然とした不安を抱えながら
窓を開けてみました。




すると、
不快な音が一斉に鳴り出したのです。


重低音の裂音は駐車場から鳴り響いていることに
気付いた夫がそちらの方を、
見てみると、






page_20090708231815.jpg





殿様カエル~アマガエル~♪






十数匹ほどのカエルが
無造作に置かれているではありませんか。




異常な光景に、
思わず辺りを見渡すと、






page_20090708231821.jpg




彼が、
物陰から
伺うように立っていたそうです。



明け方、しかもカエル十数匹を
わざわざ恋敵の家の駐車場に配置した、
まさにど根性。




殿様カエル~アマガエル~♪




これには、さすがの夫も
ひっくりカエル?



とか思ったけれど、
さすがに口に出せませんでした。
久々に空気読みました。




にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
押して頂けたら励みになりまする。



テーマ:いろんなことがあるもんさ - ジャンル:恋愛
今日は七夕ですね。

お隣さんのベランダに飾ってある七夕飾りを、
今朝偶然発見して気付きました。




もうすっかり夏です。
我が家の食卓もすっかり夏仕様でございます。




焼きなす(ねぎ味噌風味)
ニラとキャベツの餃子
チラシ寿司
お吸い物
トマトとか。


003_20090707135243.jpg



007.jpg



旦那弁当。
焼きそば
春巻き
豚肉とにんにくの芽の焼き物
トマト



七夕で
一つ願い事を叶えてもらえるのならば
こう願います。




願い事を、10個に増やしてください。

page.jpg


10個もあれば、なんとかなるかなーみたいな。




にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
押して頂けたら励みになりまする。

テーマ:料理 - ジャンル:結婚・家庭生活
人が動いて

『働く』


と読みます。


心臓が動いているから、



それ即ち私は働いているのです。
つまり、



心臓が動くためには
そのエネルギーとして
食べ物を食べなくてはなりません。



では、
その食べ物は
果たして
どうやって手に入れるか



そうです。


働いて手に入れるのです。



つまり人は動いているからこそ
生きているということになります。



働かざるものは食うべからず



とはまさしく真実なのだと
そう思うのですが。




では、
働きたくて働いている人は
どれだけいるだろうか、と言ったら


それは
希少であるだろうと私は思うのです。



幼い頃、私は
毎日毎日働く父と母を見て、



何で働いているのだろう、
と思っていました。


身内の贔屓目で見たとしても
その働いている姿は
全く面白そうに見えないし、
地味で、泥にまみれて、
汗にまみれて、
努力を要して、
全然かっこよくなくて、
それなのに、どうして
毎日仕事出来るんだろう?


芸能界や、
大手企業、商社、(いわゆるホワイトカラー族)勤務の
人たちが眩しく見えるのに対して、


私の父は、まるで
梅雨のじっとりとした湿気を孕んだ様な
道程を歩んでいるようで、
何だか惨めで恥ずかしく思えたことを覚えています。



それが、
成長するごとに、
全ての人が
才能に恵まれている訳では無いことに気づき、

例に漏れず、
自分自身もそうでることに気付いて初めて
人生に挫折することになるのです。


そして
毎日働き続けることの困難さと、
それを実行している両親の姿を
尊く思えてくるのです。



ただ私は思うのです。
働くことは目的ではなく
手段なのだと。


私には
守るべき家族がある
欲しいものもある
だから働く


働くことに
日々の大半をとられてしまうから
忘れがちだけれど、
私にとって働く事は
楽しいことをするための、
幸せな時間を守るための
手段にすぎないのだと。




そう思わずには
やってらんないのです。



運の無い自分に
やってらんないのです。



そして願わずにはいられないのです。
星に願わずにはいられないのです。


何の才能もいらないから、
宝くじに当たる運だけください、と。

page.jpg


願うだけで叶うなら
一生懸命願うから!
誰にも負けないから、神様!

って感じでーす。
テーマ:働くということ - ジャンル:就職・お仕事
先日のロンハー。
面白かったですね。

私は、
格付け等よりも
面白かったな~と
思いました。



皆さん、
プロは凄いですね。



ところで、
先週録画した、
ナイナイ+を視聴している最中、
息子が、



「お母さん!ほらほら!!」



と、
テレビを指して、、
一生懸命踊りながら
言うのです。



ん?
どうした?


見ると、



オードリー春日が、
春日クイズにて、
シンキングダンスを披露しています。




ああ、オードリーの春日ね。



と納得して、息子を見ると、
彼、嬉しそうに
一緒に踊っているではありませんか。



ページファイル 春日 真似





ページファイル 春日 真似02



正しくは、こう。


ページファイル 春日




んー、惜しい。
テーマ:日々のこと - ジャンル:結婚・家庭生活
003.jpg

先日の夕飯。



001.jpg



んで旦那弁当。



豚の冷しゃぶと、
焼きなすのねぎ味噌風味。
旦那の実家と
私の実家から、
夏野菜が豊富に届きます。


テーマ:日々のこと - ジャンル:結婚・家庭生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。