FC2ブログ

激昂クールダウン

変態OLです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20~40代の女性では三人に一人の割合で経験があるという


かく言う私も例に漏れず、痔病(エヘ)持ちなのですが。
私の場合はいぼ痔です。


皆さん、職場で、もしくは外出先で、いきなり奴が現れたらどのように対処されてますか?

いきなり頭角を出してくるっていうか・・・ァヌルからこんぬつわ、みたいな。




私が以前職場の先輩から聞いた対処法というのは、
『その場は何とかやり過ごし、自宅に帰ってお風呂で施術する
と言うもの。




注)ここでの施術とは、あなたの利き手(ゴールドフィンガー)の人差し指で、こんぬつわしちゃった頭角を、クイッと中に押し込む作業の事を言います。











・・・・・・それじゃぁ遅ぇんだよ!!
嘘コクでねぇ!
それまでの苦しみをどうやってやり過ごすってんだ!!






先輩貴方嘘ついてますね。
我慢できるとしたらあなた、それは痔じゃない。だ。(似痔)






痔の痛みたるや、我慢できるものでは無い。
が、しかし。
外出先または職場で施術する勇気・・・・あなたにありますか?









ただ一つだけ確実に言えることがあります。







施術には、多大なる湿り気を要するのです。
要するに、ウォシュレット無しの施術は、容赦ない痛みをァヌルにもたらします。
要するに、バックバージンを強引に奪わるような痛みを伴うのです。
残念ながら奪われたことはありませんが。
ある意味、マニアにはたまらない?
もしも、ウォシュレット無しのトイレしか周囲になかった場合。
それでも、施術する勇気・・・・あなたにありますか?











いきなり高等な質問でしたね。
そりゃ誰だってNO。
痛みを押し殺して、ひよこ歩きすることでしょう。





じゃぁ例えばウォシュレット付きトイレが周囲にあったとして、施術する勇気・・・・あなたにありますか?






ァヌルというものは、平常心の時は、得てして決して触れがたい聖域ですよね。
てゆーかあんまり触りたくない。(大腸菌まみれだし。ウンコついてるしね)
その既成概念を押しのけるほどの痛み、それが痔なのです。












つい先日。
私、苦渋の決断を迫られました。







そう、砂漠地帯での聖戦勃発。
そう、ウォシュレット無しでの痔、頭角。






わたくし、決意致しました。
背に腹は代えられぬ。





綺麗に綺麗に
それはおくりびとのように綺麗にアヌルを紙で消毒し










オペ、開始。
















!Σ( ̄ロ ̄lll)
・・・・。ゥンコ。ついちゃった。












後日談。
その事を忘れて、(もちろんちゃんと石鹸でごしごし手を洗いました)
家に帰りついて、旦那に昼食を食べさせようとした時の事。
昨夜の残り物のカレーを、お皿に盛り、お玉で取りこぼしたものを、指ですくって舐めてました。















!Σ( ̄ロ ̄lll)
仄かに香るせっけんの香りが思い出させる、あの情事・・・・。



これ以上は、何も言いますまい。
どうせ自分では何も食べないし、被害があるとすれば旦那にだけだし、大丈夫でしょ!汚くない!と思って行った施術が、まさかこんな形で自分に報復してくるとは思わなかった秋。






『カレー味のウンニョとウンニョ味のカレー、どちらを食べますか?』












こんな究極の選択を思い出したのは私だけでしょうか。
最低
スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:日記
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。