FC2ブログ

激昂クールダウン

変態OLです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人が動いて

『働く』


と読みます。


心臓が動いているから、



それ即ち私は働いているのです。
つまり、



心臓が動くためには
そのエネルギーとして
食べ物を食べなくてはなりません。



では、
その食べ物は
果たして
どうやって手に入れるか



そうです。


働いて手に入れるのです。



つまり人は動いているからこそ
生きているということになります。



働かざるものは食うべからず



とはまさしく真実なのだと
そう思うのですが。




では、
働きたくて働いている人は
どれだけいるだろうか、と言ったら


それは
希少であるだろうと私は思うのです。



幼い頃、私は
毎日毎日働く父と母を見て、



何で働いているのだろう、
と思っていました。


身内の贔屓目で見たとしても
その働いている姿は
全く面白そうに見えないし、
地味で、泥にまみれて、
汗にまみれて、
努力を要して、
全然かっこよくなくて、
それなのに、どうして
毎日仕事出来るんだろう?


芸能界や、
大手企業、商社、(いわゆるホワイトカラー族)勤務の
人たちが眩しく見えるのに対して、


私の父は、まるで
梅雨のじっとりとした湿気を孕んだ様な
道程を歩んでいるようで、
何だか惨めで恥ずかしく思えたことを覚えています。



それが、
成長するごとに、
全ての人が
才能に恵まれている訳では無いことに気づき、

例に漏れず、
自分自身もそうでることに気付いて初めて
人生に挫折することになるのです。


そして
毎日働き続けることの困難さと、
それを実行している両親の姿を
尊く思えてくるのです。



ただ私は思うのです。
働くことは目的ではなく
手段なのだと。


私には
守るべき家族がある
欲しいものもある
だから働く


働くことに
日々の大半をとられてしまうから
忘れがちだけれど、
私にとって働く事は
楽しいことをするための、
幸せな時間を守るための
手段にすぎないのだと。




そう思わずには
やってらんないのです。



運の無い自分に
やってらんないのです。



そして願わずにはいられないのです。
星に願わずにはいられないのです。


何の才能もいらないから、
宝くじに当たる運だけください、と。

page.jpg


願うだけで叶うなら
一生懸命願うから!
誰にも負けないから、神様!

って感じでーす。
スポンサーサイト
テーマ:働くということ - ジャンル:就職・お仕事
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。