FC2ブログ

激昂クールダウン

変態OLです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一躍時の人となったI容疑者について。


俳優の水嶋ヒロさんに似ているだとか
ジョニー・デップさんに似ていたから
「ジョニー井上(偽名)」と呼ばれていただとか言う
ニュースばかり流れています。
心から、

「アホくさ」

でございます。



かつて、
オウム真理教の
上祐氏を追っかけていた恥知らずが存在したように、
時が巡り巡っても、
このように騒ぐ輩が存在するのです。
被害者家族の心痛、如何許りか。


極論を言えば、みんな
所詮他人事、
なのでございます。
しかし、
自分は絶対に人殺しはしない
もしくは、
絶対に自分(及び家族)が殺人に巻き込まれない
などとは言えないのです。
未来のことなど、絶対に分かりはしないのです。


所詮他人事、と好き放題騒ぐ輩が
恐ろしくも、その能天気さが羨ましいのであります。



わたくしも、
今回の騒動を、
人の親の端くれとして見ておりました。

いくら月日が流れても
癒されることの無いだろう
被害者家族の方々の心痛、
お察しいたします。


そして加害者家族の方々の覚悟、
をテレビにて拝見いたしました。


わたくし、当事者ではないものからの意見として。
正直30歳近い成年が犯した罪に関して、
親のコメントや、親の会見が必要か?と問われたならば、
否、と答えます。
未成年及び学生の犯した犯罪ならば、
親の保護観察が必要だったのでは、と思わんでもありません。
勿論、彼の人格形成に親は深く携わっております。
しかし、彼の年齢ともなれば、自己責任の範疇だと思うのです。

そして今回の両親のモザイクなしの会見を
テレビで見ました。
もし、あの場に自分が立たされたなら、と
思わずゾッとしました。
憔悴した母親の表情と、
逃げも隠れもせず、受け答えする父親を見て、
親の覚悟というものをまざまざと見せ付けられました。
親が医者で、彼が医者になれなかった、
家庭で落伍者だったのでは?
そんな事はどうでもいいのです。
フラッシュを浴びて受け答えしている親の姿を、
息子に見せるべきなのです。
自分が殺した人間は、
リンゼイさんばかりでなく、
そのご家族、そして自分の家族であることを
受け止めるべきなのです。


かつて、
犯罪被害者及び加害者家族が、
その報道の仕方で、
自死に追いやられた事は、
さまざまな方がご存知のことと思われます。

二度と、このような悲劇が起きないためにも、
マスコミニケーションに携わる方々、
視聴率至上主義はお止め下さいませ。

物より心の豊かさを、でございます。
かく言うわたくし、
お金が大好物にございます。
私の心にこそモザイクを、
でございます。
こんな私の育てる子供の行く末を案じながら。
スポンサーサイト
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。